まる坊っちゃん成長期

アクセスカウンタ

zoom RSS 初の整形外科とレントゲン

<<   作成日時 : 2014/04/06 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年1月16日

朝 起きた後、やっぱり1,2歩歩くと はいはいに変え 歩こうとしないので、病院に連れて行きました。
いつもの小児科に着いて、受付で症状を話したら、即座に

「それは 整形外科。あそこに整形外科があるから 行きなさい」

と受付の人と看護師さんに言われました。
(先生には まったく会わず)

それで すぐ近くの整形外科に行ってみました。
坊っちゃん 初めての整形外科です。

整形外科に着いて、私が受付を済ませ、待合室で坊っちゃんをベビーカーから降ろすとすぐ
急に坊っちゃんは歩き始め びっくり!!

え〜!!!??
今まで歩かなかったのに なぜ突然!?
待合室にいる大勢の人たちの前で おおはしゃぎで ジャンプまでするのです!

このタイミングで治ったの!?

もうびっくりでした。
受付の人も驚いていました。


でも 折角 来たし、今だけよくて 家に帰るとまた具合が悪い・・・などという感じだと困るので、そのまま診察してもらうことにしました。

初めてレントゲンを受けることにもなりました。
(もう よくなっている感じがしたので、レントゲンを撮るのはちょっと抵抗あったけど)

レントゲン室には私は入れないということで
看護師さんに抱っこされて2人で入って行ったけど
ドアが閉まるなり不安になったのか

「ままー!!」

と泣き叫んでいました。


そして しばらく待った後、先生からの診察。

レントゲンによると、特に骨などに異常はなく、生まれついての関節の異常もないと言われました。

でも 先生が坊っちゃんを診察台の上に寝せ、足を蛙のように曲げて、

「ほら 左の曲りが悪いでしょ」と見せられました。
股関節が硬くなっているらしいです。


結局病名としては

「単純性股関節炎」

とのこと。

何が原因かはよくわからないらしい。

この「単純性」というタイプは。自然に治ることがほとんどらしいです。

でもウィルス性の関節炎という可能性もなくはないので、しばらく様子を見て
おかしかったり、心配が続くようだったら、また来るように と言われました。


家に帰ると、昼間は はいはいしていたけど
夜になると、まったく問題がないような感じで、走り回っていました。

夕方5時ぐらいには、お父さんとお母さんから相次いで

「坊っちゃんの足の具合は?」

と電話がありました。
(お父さんからの電話を切って 少し経つとお母さんから電話あり という感じ)

大したことないようで ほっとしました。




また、坊っちゃんがしきりに

「なな」「なな」

と言うので、ごみ箱を見ると

ごみ箱の中に「7」と書いた箱があってびっくり。

4と1以外の数字が読めるようになったの?


夜、こんな遊びをしていました↓

画像



それから、私の足の青あざや足の角質を指して

「いたい いたい」

と言いました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初の整形外科とレントゲン まる坊っちゃん成長期/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる